APERITIVO

アペリティーボ

アペリティーボとは、夕食前の宵の口においしい小皿料理と軽めのアルコールを楽しみながら、リラックスしたひとときを過ごすことを言います。起源は1700年代後半までさかのぼり、イタリア北部でこの習慣が始まったとされています。

昔のアペリティーボは、小皿にのった無料のおつまみがドリンクと一緒に提供されていました。このアイデアは今なお健在で、近年ではアペリティーボが見直され、スタイリッシュで手の込んだものになっています。イタリアならではの伝統は、今では忙しい1日の終わりに友人と集まり、リラックスして交流する機会として人気です。アペリティーボとは、イタリア人が夕方に地元のバーに集まってお酒を飲み、ひと口サイズのおつまみを楽しんでリラックスするという文化なのです。

キレが良く、すっきりとした飲み心地と繊細な香りを特長とするペローニ ナストロアズーロは、アペリティーボにとてもよく合います。ペローニ ナストロアズーロは、イタリアのビールらしい丁寧な手法で、イタリアや地中海を思わせる味わいを演出したビールです。その風味は、イタリアでつくられたノストラーノ・デリソラ種のトウモロコシを含む最高の原料によるもので、イタリア料理にぴったりのユニークな味わいです。
ペローニ ナストロアズーロのアペリティーボで楽しいひとときを

 

Aperitivo recipes

レシピ

自宅でアペリティーボをするときに役立つ、美味しいオリジナルレシピをご紹介します。あなたのアペリティーボにさらにイタリアらしさが加わり、楽しい夕方のひとときになるはずです。 このレシピはあくまで一例です。料理には絶対的な法則があるわけではありません。オリジナルの料理をつくって楽しんでください!掲載されたレシピは、Eataly New YorkのエグゼクティブシェフAlex Pilas氏にご協力いただきました!

BRUSCHETTA AI FUNGHI E CIPOLLE

マッシュルームとオニオンのブルスケッタ

調理時間: 15 分

材料(3~4 人分)

材料

シイタケ(厚めにスライス) 1/4 カップ
ヒラタケ(茎はカットする)1/4 カップ
エリンギ(ディスク状にスライス) 1/4 カップ
塩コショウ
パセリ1枝(みじん切り)
レモン汁(お好みの量)
アメ色になるまで炒めた玉ねぎのキャラメリゼ 1/4 カップ
バゲット 4~5 切れ
エキストラバージンオリーブオイル(お好みの量)

玉ねぎのキャラメリゼの材料:
玉ねぎ 2 個
ワインビネガー30ml
リンゴ酢 30ml
きび砂糖 小さじ 1
塩ひとつまみ
エキストラバージンオリーブオイル(お好みの量)

調理方法

きのこに塩コショウで味つけをして、表面を焼きます。焼いたものを取り出してボウルに入れ、みじん切りしたパセリとレモン汁を加えてあえます。

玉ねぎの皮をむいて半分に切り、お好みの厚さに、繊維に沿ってスライスします。フライパンを弱火にかけ、10分ほど炒めてから、ワインビネガー、きび砂糖、塩を加えてさらに10分炒めます。

火を強めてあめ色になるまで炒め、焼いたパンの上にのせます。その上にきのこをのせて、完成です。

INSALATA D’INVERNO

ウインターサラダ

調理時間: 15 分

材料(3~4 人分)

材料

フェンネル 1 株(薄くカット)
カリフラワー 1 玉
根セロリ 2/3 株(薄く千切りにスライス)
梨 1 個(6等分に切って芯を取り、薄くスライスしたもの)

レモンドレッシングの材料:
新鮮なレモン果汁 大さじ 1
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ 2
炭酸水 大さじ 1/4
塩コショウ

調理方法

カリフラワー1玉を細かく切り、梨と根セロリを薄くスライスします。

ミキシングボウル(酸などを含む材料に反応しないもの)にドレッシングの材料をすべて入れ、泡だて器でよく混ぜます。

フェンネル、カリフラワー、根セロリ、梨に、塩とレモンドレッシングで味つけします。
梨やカリフラワーを崩さないよう気を付けながら丁寧によく混ぜたら完成です。

BUY ONLINE